*

EeePC 901をいじる ―システム編― RAMディスク導入とCドライブダイエット。


closeこのエントリは 14 years 4 months 1 day 前に書かれたものです。
最新の情報とは異なる場合がありますので、ご注意ください。
EeePC 901をいじる ―システム編― RAMディスク導入とCドライブダイエット。

901-xカスタマイズのエントリ(エントリが増えれば追記)
EeePC 901をいじる ―ハード編― メモリ2GBに交換した
EeePC 901をいじる ―システム編その2― 見た目の変更とタッチパッドドライバを最新版にした
EeePC 901をいじる ―システム編その3― リスクは高いがメリットも大きいEWF導入で激速に!
EeePC 901をいじる ―システム編その4― EWF導入したときの保険にEwfPlusを導入

ちょっと時間がたったが、前回の続き。

初代EeePCの欠点を色々とつぶしてきてる901なんだけど、デフォルト状態ではちょっと使いにくい部分がある。 特にCドライブの空き容量がやっぱり不足気味になるのでその辺を解消する方向でいじった。

オイラがしたのは以下の通り。

  • RAMディスクの導入
  • Cドライブのダイエット

RAMドライバの導入

RAMドライバってのはメモリをHDDの代わりにすることだったり。非常にアクセスは高速になるけど電源を落とすたびにデータは消えてしまう。なので一時キャッシュ用に利用するのが定番。

そんなわけで、RAMディスク導入の設定をしてみた。

今までやったことがなかったので参考にしたのは4Gamerのこの記事とHidekichi.netさんの “EeePC に 2GBのRAMを追加し、ERAMで512MBをラムディスクとして使用する場合にスタンバイを有効にする設定方法“というエントリや、Hikomago – Online Game & Alchooooole!!さんの”EeePC システム関連設定2/2“というエントリも参考にした。。

まずはERAMをダウンロード。 導入部分については4Gamerに詳しいので省略。

『コントロールパネル』→『コントロールパネルのその他のオプション』→『ERAM』をクリック。

eram_01.jpg

512MB分をRAMディスクに割り当てた。

んで、4Gamer.netの記事を参考にコマンドプロンプトを起動して

rundll32 eramnt.cpl,StartupFastfat 1

と入力。「FASTFATドライバのスタートアップのシステムに変更しました」というメッセージが出たことを確認して再起動。

オイラの場合はZドライブをRAMディスクに割り当てており、実際にZドライブができていればOKなのだ。

Cドライブのダイエット

お次はCドライブの容量確保。

テンポラリをRAMディスクにに作成し、『システムのプロパティ』→『詳細設定』タブ→『環境変数』をクリックする。

環境変数ウィンドウが立ち上がるので、ここでテンポラリファイルをZドライブに作ればいい。あと、オイラは同じく『システムのプロパティ』→『システムの復元』タブの『すべてのドライブでシステムの復元を無効にする』チェックボックスのチェックを入れて復元を無効化した。

何かトラブったときに『システムの復元』は非常に便利。EeePCは重要なデータはほとんど残さないのであえて無効化した。SSDにも悪そうってのもあったんだけど……。不安な人はシステムの復元に使うファイル容量を絞るってのもありかも。

それからWindowsのいらないファイルの削除。

『C:\WINDOWS\SoftwareDistribution\Download』にあるファイル類はWindows Updateで使用したもので、作業完了後は使わないということで、サクッと削除。これだけで数百MBは減らせる。

C:\WINDOWS直下の『$』がついたフォルダ類も削除できる。ただしこのフォルダ類を消してしまうとWindows Updateでインストールしたプログラムがアンインストールできなくなるので要注意。

オイラがやったのはマイドキュメントフォルダをDドライブに移動させたこと。この作業だけでそこそこの空き容量は確保できる。

さらに空き容量確保の方法はあるみたいなので色々調べてみてもいいかも。

【参考リンク】
Eee PC発売記念(?) この小さいマシンでゲームを動かしてみよう――その1:Windows XPを頑張って小さくしてみる(Eee PC) (4Gamer.net)
Eee PC発売記念(?) この小さいマシンでゲームを動かしてみよう――その2:Windows XPを頑張って軽快にしてみる(Eee PC) (4Gamer.net)

B001CJ62JQ ASUSTek Eee PC 901-X(EEEPC901-BLACK)(ファインエボニー) EEEPC901-BK010X
Asustek 2008-07-12

by G-Tools


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

no image

ソニーが軽くてタフなモバイルPC VAIO type Gを発表!!

ソニーが発表したVAIO type Gが気になる。ビジネス向けのモバイルPCで、光学ドライブの有

記事を読む

PhotoFast DualCore SDHCの16GBモデルがお得な値段に

AmazonでSDカードを見てたらPhotoFast DualCore SDHC 16GBモデルが

記事を読む

出先から自宅ネットワークに接続―VPNを設定してみた

モバイルでパソコンを持ち歩いたり、出先から自宅のPCが見られたりするといいなぁ、と思ってVPNの

記事を読む

movapic.com

EeePC 901にSDカードを追加!!

"EeePC 901用にSDカードを注文!!"というエントリで注文していたA-DATA SD

記事を読む

no image

そろそろHDDの増設いっとくか?

500GBならどこのメーカーでも8,000円代がほとんど。ツクモのネットショップで売れ筋のウエスタン

記事を読む

交換したメモリが不調だったり。

1ヵ月ほど前に1GBのメモリに交換したんだけど、ちょっとしたことでブルースクリーンが出るようにな

記事を読む

ZSB-IB019WH_31.jpg

エレコムからEeePC 901向きのケースが9月に発売!!

エレコムからEeePC 901のような8.9インチ液晶サイズのネットブック用保護ケースが9月に発売

記事を読む

no image

500GBのHDDが7,000円代に!!

古田雄介のアキバPickUp!:"8000円割れ"の500GバイトHDDに「下げすぎじゃない?」の声

記事を読む

no image

話題のモバイルブロードバンドなサービス『UQ WiMAX』モニターキャンペーンに応募してみた

各ニュースサイトで紹介されていたモバイルWiMAXの『UQ WiMAX』。 下り最大40Mbp

記事を読む

Aspire 1410を買ってからやったことその2―モニタの色調整とタッチパッドの微調整

前回に続いてAspire 1410のセッティングなんぞを書いてみる。モニターの色調整とタッチパッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
カッとなって新規ドメイン&サーバーを取得してリスタート!! 続きは『ろっぱ屋』で

2005年の3月からBlogを書き始めて8年ちょっと。ここ1〜2年は直

特に言いたいこともないけどBlog続けてるおいらなりに考えてみた

ちょっと前の『Blogは言いたいことがあるヤツしか生き残れない』み

miracosta_lunch_oce_01s.jpg
時間が合うとイベントも見られちゃう!? ディズニーリゾートのミラコスタホテルのレストラン『オチェーアノ』でランチブッフェを堪能した!

『ディズニーランドでブッフェを食べません?』とゆーお誘いにホイホイ

wf2013s_01s.jpg
夏のワンフェスもがっつりたっぷり写真を撮っていた! #NEX6 #wf2013s

冬に続いて夏のワンフェスにも行ってきた。 前回行ったときは始

常日頃持ち歩いているMacBook Airの電源アダプタ用ケースが欲しくなってきた

モバイルマシンとしていつも持ち歩いているMacBook Air(M

→もっと見る

  •   
    • RSSフィード
    • Subscribe with livedoor Reader
    • track feed
    • Add to Google
    •   
      フィードメーター - オタしましょっ
        
      
      累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
        
      ブログタイムズ
  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑