*

動画とGEOの凝縮したイベント『YouTube x GEO Creator Day 2011』に参加してきた。その2

公開日: : 最終更新日:2012/01/22 ネット関連 , , , ,


closeこのエントリは 6 years 4 months 30 days 前に書かれたものです。
最新の情報とは異なる場合がありますので、ご注意ください。
動画とGEOの凝縮したイベント『YouTube x GEO Creator Day 2011』に参加してきた。その2

動画とGEOの凝縮したイベント『YouTube x GEO Creator Day 2011』で神山監督の講演を聞いてきた“の続き。 ゲスト講演が終わった後にYouTube & GEOライトニングトークがスタート。動画関連の話が聞きたかったのでYouTubeのライトニングトークの方を特に意識して聞いていた。

永川優樹さん、ISO8さん、ジェット☆ダイスケさん、牛山雅博さん、石川武さんの5人。 5人ともYoutubeを使いこなしてるのが印象的で興味深かったんだけど、これに合わせてYoutubeパートナープログラムを押していた。動画公開があまり慣れていないとちょっと敷居が高いので、パートナー育成プログラムも各セッションの終わりに紹介していた。

気になるセッションを視聴

オイラたちが聞いたのは”多くの人に自分の動画を見て貰う方法201 世界中の人々へ動画を届けるには?”というセッション。Googleの中の人がどうすれば再生数が多くなるのか? を具体的に講演してくれた。参考にしたいと思ったので内容をメモしたものを整理してみた。

知恵を絞って配信方法や制作方法を工夫

海外では広告収入で何千万も得ている人が結構ザラにいるいるそうで、どうすればいいのか? というのが本日のお題。

YouTubeとは何か、を理解する

捉え方はいろいろあるが、YouTubeはメディア。

  • 水道管 コンテンツは水
  • 電線も同様に変電所から電気を届ける 電気=コンテンツ
  • コンテンツはメディアに依存 メディアの特徴・特性によって流れるコンテンツは変化する

メディアの固有性を知り、ユニークさを知ることが重要とのこと。こういったことを知ることが工夫することの第一歩になる。つまり、メディアの固有性を研ぎ澄ますことでメディアのクオリティがアップすることに繋がる。

  • YouTubeの固有性
  • 固有性をどうやって自分の動画に活かすのか?

…という言葉にまとめられるのかな。ここまでの流れで来ると、具体的にどうしたら良いの? 誰しも思うわけで、ここでGoogleの人は6つの方法をあげていた。

  1. 最初の15秒で惹きつける
  2. アノテーション
  3. アクションを呼びかける
  4. トレンドの波に乗る
  5. コラボレーション
  6. コンテンツのグローバル化

1.最初の15秒で惹きつける

注意を維持できる時間は極端に短くて、ここで惹きつけられなかったらユーザーは戻ってこない。 ブランディングと本編は後は後にしてでも『はじめにこれはなんの動画か?』というのを明確にする。はじめに完成作品を見せるのも手。

2.アノテーション

動画の上に仕込めるオーバーレイのことで、次の動画へジャンプさせたりBlogやwebサイトへのリンクを仕込んだりとかなり多彩な使い方ができる。具体的なやり方はめ〜んずスタジオさんの”YouTube、動画に「アノテーション」を追加して視聴者数を増やす方法“というエントリがわかりやすい。ライトニングトークの時も感じたけど、このアノテーションをいかにうまく使うかがポイントっぽい。Googleの人も押していたし。

このアノテーションを活かす方法として、ストーリーを動画に持たせたほうがいいとも話していた。次の動画へのリンクを仕込んだりできるわけで。凝った使い方として、動画作成の段階でアノテーションを埋め込むことを前提にする場合もあるとのこと。楽しみながら動画が見られる仕掛けが出来ればなお良し、って感じかな。 コンテンツの厚みを増すために舞台裏を用意するのもありという話もしていた。『一つのコンテンツを撮ることによって別のコンテンツに誘導できるしチャネル自体の深みを増す』ということ。確かに映画なんかでメイキングつけてる作品あるし、ひとつのコンテンツを増やせる所がポイントかな。

登録している動画も本数が多くなってしまうと埋もれてしまう作品もあるのでダイジェストを用意することも大事。今回のYouTubeライトイングトークに出ていたジェット☆ダイスケさんはダイジェストをうまく使ってる人だと思った。それと、他のクリエーター作の動画も紹介していたりとキュレーター要素もある。 あとアップする動画の長さだけど、再生時間が長い動画はユーザーに好まれない。10分の動画、5分の動画をアップしたほうがユーザーもストレスを抱かないし、アノテーションを利用して続きに行くほうが見られる可能性が高い。

3.アクションを呼びかける

チャネル登録すると視聴者も再生回数も増える傾向がある。動画の最後にチャネル登録を呼びかけるのが吉。 登録ボタンの位置を意識した動画撮影する人もいるそうで、このへんはYouTubeをよく見て研究したほうがいいのかも。 YouTubeのコメント機能を利用した企画も提案していて、ショートストーリーの次の展開をユーザーの投票で選ぶことも。採用された視聴者はファンになりやすいそうな。 YouTubeの外でバズが発生して流れこんだ時に共有を呼びかけるのもあり。

4.トレンドの波に乗る

トレンド、つまり話題の映画が上映された時や季節、スポーツイベントに関連したコンテンツを作ると見られやすい。なので世間の興味関心の波を捉える必要がある。

どう分析するか? Googleには『Google Insights for Search』というサービスがあるので利用して欲しい。 こういったサービスで調べたデータを元にした企画が大切、とのこと。 作るタイミングも重要だそうで、波がきそうなタイミングより早く公開が理想とのこと。 英語でタイトルや重要なポイントでサブタイトルをつけたりする。

どれくらいの期間で確認すれば良いのか? という所が気になるけど、Googleの人は4〜5年単位で確認するといいって言っていた。ちなみに動画公開を始める場合、シーズン的なもの(春だったらお花見、夏なら花火)がとっかかりとして始めやすいということをアドバイスしてくれた。始める場合は盛り上がる直前にアップするとより効果的。

実は、シーズンものよりも強力なコンテンツがある。それがグローバル展開されているネタ。 iPadを例に上げると、iPad Magicという作品を紹介。一週間で日英コンテンツで200万回以上見られたそうで、トレンド+共感』と動画製作者の内田さんがおっしゃっていたそうな。ちなみのこの内田さん、この動画を投稿したタイミングは日本でiPad2が発売される直前とのこと。『イベントの直前にアップというのが波に乗れるということをgoogleの人は強調していた

5.コラボレーション

新しい視聴者が格段に増えることがメリット。動画レスポンスのコラボ一番しやすいのかな?

6.コンテンツのグローバル化

日本のYouTube視聴者は訳3100万人、アメリカは約1億2000万人と圧倒的に多い。海外向けは文化的背景に依存しないのがポイント。逆に日本固有のものを紹介する場合ももちろんあり。 海外にも発信する場合は英語字幕は必須。 苦手な人向けにYouTubeはキャプション機能を用意していて、アップ後も編集可能だそうな。 ただし、自分で字幕ファイル作る必要あるが面倒 Caption Tubeというサービスなら簡単に作れるので利用して欲しいとのこと。

最後に

セッションはいくつも聞いたけど、一番興味があったセッションのまとめだったり。このイベントでセッションを聞いた印象としてはGoogleは動画やGEO関連のパイを大きくするための種まきをしてるんだなってこと。じゃないとここまで参加人数が多かったり、海外からもスタッフが来て説明したりしないだろうし。 実際に成功者の話を生で聞けたのはモチベーションアップになる。それに加えてノウハウの開示や、さらに育成プログラムも用意しているからGoogleもかなり気合入ってる印象だった。動画はYouTubeに上げたことないけど、このイベントに出たお陰で試してみたくなった。

【参考リンク】
プログラム – YouTube x GEO Creator Day 2011 クリエイターデイ
め?んずスタジオ ? 『YouTube x GEO Creator Day』、投稿した動画の視聴者数を増やす方法まとめ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

2012-10-28_15h46_56_102812_052010_PM

WordPressの管理画面でテーマ編集を可能にする方法

ちょっと前にテンプレートをTwentyElevenに切り替えてからちょこちょことカスタマイズを行

記事を読む

no image

やっと移行されたみたいだけど……

やっとBlogも新環境に移った。 管理画面を見てるんだけど、設定方法が旧環境とかなり違う。何

記事を読む

livedoor Readerに登録されるようになった!!

メインで使っているlivedoor Readerにエントリーが登録できなくてlivedoor Re

記事を読む

オタク系SNSに新規登録してみた

世界初のオタク系SNSサイトOtaba がオープンしたとやじうまWatch の11/9の記事で知

記事を読む

no image

WordPressに人気記事表示プラグイン『WordPress Popular Posts』を導入してみた

Movable Typeを使っていたときは自分のBlogの人気エントリーが分かるようにはしてなか

記事を読む

no image

MovableTypeからWordPressに移行した顛末 その2

"MovableTypeからWordPressに移行した顛末その1”の続き。 移行はできたんだ

記事を読む

no image

livedoor騒動その後

以前のエントリーでも取りあげた外部リンクにページをはさむ仕様は有料ユーザーにはつかないようにする

記事を読む

no image

ライブドアの気になるRSSサービス

livedoorの気になるRSSサービスをいくつか......。 livedoor天気情報をGo

記事を読む

アンチウイルスソフトは有償or無償どっちを使う?

ウイルス対策ソフト、有償でも無償でも効果は同じ!? (Japan.internet.com)

記事を読む

no image

livedoor Readerに投稿したエントリーが反映されない……。

前に取りあげたエントリーでlivedoor Readerに登録できたと喜んだけど、またまた問題が出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
カッとなって新規ドメイン&サーバーを取得してリスタート!! 続きは『ろっぱ屋』で

2005年の3月からBlogを書き始めて8年ちょっと。ここ1〜2年は直

特に言いたいこともないけどBlog続けてるおいらなりに考えてみた

ちょっと前の『Blogは言いたいことがあるヤツしか生き残れない』み

miracosta_lunch_oce_01s.jpg
時間が合うとイベントも見られちゃう!? ディズニーリゾートのミラコスタホテルのレストラン『オチェーアノ』でランチブッフェを堪能した!

『ディズニーランドでブッフェを食べません?』とゆーお誘いにホイホイ

wf2013s_01s.jpg
夏のワンフェスもがっつりたっぷり写真を撮っていた! #NEX6 #wf2013s

冬に続いて夏のワンフェスにも行ってきた。 前回行ったときは始

常日頃持ち歩いているMacBook Airの電源アダプタ用ケースが欲しくなってきた

モバイルマシンとしていつも持ち歩いているMacBook Air(M

→もっと見る

  •   
    • RSSフィード
    • Subscribe with livedoor Reader
    • track feed
    • Add to Google
    •   
      フィードメーター - オタしましょっ
        
      
      累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
        
      ブログタイムズ
  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑